「肉体」という入れ物のここが重要!とわかったこと

 

 

 

呼吸の質

心肺機能・・・ろっ骨を広げる筋肉

肺の大きさと、肺の動きを知っているかどうかも呼吸の質に大いに関わる

 

 

 

 

 

筋肉

糖の利用をよくする。疲れやすさ、血糖値の安定にも関わる。

体温の維持。低体温は免役機構の働きが落ちる。

ミトコンドリアの働きを活性化させるので、生命力にも関わる。

 

 

 

 

腸は命をつかさどる重要な臓器

脳死になっても命は続くが、腸が完全に死ぬと全臓器が働きをやめ、脳も死に至る。

腸は第二の脳とも呼ばれる。

腸の三大機能・・・「消化・吸収」「免疫」「解毒」

腸は入り口であり、侵入口でもある

生活習慣病や肥満の原因にもなっているとか。

免役の7割は腸で築かれるが、残りの3割は心。免役機構のNK細胞は、心の状態に大きく左右される性質を持つ。

ストレスにさらされると、脳(視床下部)からホルモンが分泌され、神経細胞が張り巡らされている腸は過敏に反応し、腸の働きが落ちる。

ウンチの固形分の3分の1は、腸内細菌とその死骸。腸内細菌は、私たちの食べ物の消化を手伝ったり、ビタミンを作って提供してくれたりしていて、私たちは腸内細菌とともに協力し合って肉体を維持している。

 

 

 

 

おすすめ著書

●藤田紘一郎氏 「人の命は腸が9割」「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」など

 

 

腸内環境をよくするためには胃酸が重要

 

 

 

おすすめ著書

 

 

 

 

 

 

 

人間の身体にとって良くないと言われるもの

実際どうなのかは、わかりません♡

食品添加物、環境ホルモン(ダイオキシン、重金属)、活性酸素、電磁波、たばこの煙、農薬、