自分に意識的になるススメ やり方とそのメリットをご紹介します

私たちは案外、無意識に過ごしている

日常のできごとに集中していると、案外、自分の内側の変化に気づかないままに、次々とできごとが展開してゆきます。
忙しいと、とくにそうなりがちなんですが、、、

けど実際には、1日の中でけっこう変化しているものです。

ときには、自分に意識的になってみるの、おすすめです。
日常を意識的に過ごせるようになると、メリットも実感できます。
今回は、自分に意識的になる方法をご紹介します。

メリット

  • 自分への理解が深まる
  • 自分の考え癖や行動パターンを刷新していくきっかけになる
  • 悩みが笑いに変わる
  • ジタバタせず落ち着きがうまれる
  • 他者・状況・環境に振り回されなくなる

自分に意識的になるとは?

自分に【意識的になる】というのは、自分自身に気づいている状態のことを指します。

具体的には、自分の内面で起こっていることや行動に気づいている、ってこと。
そのためにすべきことは、ただ1つ。
「眺める視点を持つこと」です。

自分に意識的になるために1 
眺め方

私のやり方を紹介すると、まずは「自分の内側」に意識を向けます。
内側にある「眼」で眺める感じ。

呼吸している肺の動きを感じてみると、内側に意識が向きやすいと思います。

体の「感覚」もわかる方は、感じてみてください。
感じられるかは「慣れ」ですので、今はよくわからなくても心配しなくて大丈夫です。

やることは、自分の内側で起きていることに「気づいたり」「しばらく眺めてみたり」するだけです。
分析も意味づけも、必要はありません。

私たちの内側には、「感覚」があって、そこから「気持ち」が生まれています。
さらに、「ストーリー」や「考え」もある。
そこから、自分のすべての行動へと繋がっています。

整理すると、こうなります。

感覚があって

気持ち・考え(ストーリー)が湧いていて

行動へと繋がっている

自分の内側と、自分の外側である行動を眺めます。
これらはつながりがあり、影響し合っています。

自分に意識的になるために2 
視点を深める

慣れてきたら、自分の行動がどうなっているか、もう少し深いところを見てゆきましょう。

これは、「他者からどう見られているか」ということではありません。
他者へ与える印象も大切にしたいことですけど、自分を眺めるというときには、脇に置いておきます。

自分の内側にある気持ちや考えと、自分の外側である行動について、「深いところに何があるかな」と見ていきます。

視点の深め方の例・注意点

ポイントの1つは「動機」です。
たとえば、このような切り口で自分に問いかけてみます。

なぜ、その振る舞い方になっているのだろう
自分の内側(気持ち・考え)と外側(行動)が、ちぐはぐになっていないかな?

ここで問いかけるときには頭も働きますが、答えを見つけるときには頭は使いません。
頭を使って答えを探すと、分析や意味づけになってしまうからです。

考えて答えを見つけるのではない、ってところがポイントです。
しつこいですが、やることは眺めるだけなのです。

そのことを忘れてしまうと、分析が知らないうちに始まってしまうんです。
私も、まだよくわかっていない頃はそちらへ流されました。

気づいたものは掴まない

ちなみに、気持ちも、ストーリーや考えも、流れてゆく性質のものです。
だから、流れるままに、掴まなくてよい。

気づいたものは、掴まないでおきましょう。

ところが、冒頭で書いたように日常のできごとに集中してると、「流れてゆくもの」というよりは、気持ち、ストーリーや考えが自分のすべてだと思えて、一体化してしまいます。
これだと、沼にハマります。

自分の気分や、今日一日の印象が、日常のできごとや相手次第になり、嫌な気分からいつまでも離れられなくて、疲れる、眠れない、など。

もしもあなたが、このようなパターンにうんざりしているなら、自分の内側を眺める視点を持つのは、やっぱりオススメです。

自分に意識的になる眺める視点まとめ

  • 体の感覚を感じる
  • 呼吸の動きを感じてみると、体の内側に意識が向きやすい。

  • 気持ちの動き、ストーリーや考えに気づく
  • そのときどきの気持ち、ストーリーや考えについて「○○があるなぁ」って気づくだけです。
    体の感覚もわかる方は、感覚から気持ちが生まれ、ストーリーや考えも湧いているのを眺めてみてください。

  • 自分の行動を眺めてみる
  • 自分の内側と、外側である行動が、どのように影響し合っているかという視点で眺める。動機に着目するのがポイント。

眺める視点を持つとこんな変化が

自分の行動が意識的になっていくだけでなく、より深く自分を知ることができます。

慣れてゆくと、気持ち・考え方・行動の自分のパターンが見えてきます。
さらに視点が深くなってゆくと、そのパターンを繰り返してしまう理由も見えるようになります!

たとえば、
「私は○○するのは良くないと思っていたから、苦しくなっていたわけか!」
という具合に。

このような表層の意識に近いところにあった気づきだけでも、自分を縛っていた何かがスルっと外れることもあります。
重たくなっていた心が軽くなります。

今回は、自分に意識的になるススメについて書きました。
わからないことがあれば、ラインで質問していただけます。
無料です。

最後まで読んでくださって、どうもありがとうございました。

あやか