本当は変わりたいのに

    人間関係やさまざまな場面で、自分が「反応してしまうポイント」や「陥ってしまうパターン」て、ありますよね。

    たとえば、
    ●イラっとしやすい
    ●言動が感情的になってしまう
    ●相手の言葉に傷つきやすく、落ち込む
    ●人と比べて自己否定に陥る
    ●自分を責めてしまう
    ●幸せなはずなのに、どこか満たされない感じがする
    ●大切な人がいるのに、孤独な感じがする など。

    陥るたびに苦しいけれど、自分の性格だと受け入れようとしている場合も多いです。
    何で私はこうなんだろう・・・と、自己嫌悪と反省を繰り返している場合も多いです。

    でも本当は、満たされた自分で生きていたい。

    いつになったら、穏やかな自分で人生を送れるのだろう。
    どうしたら、もっと楽な気持ちで生きられるのだろう。

    あなたは、そんな風に感じることありませんか?
    その答えは、自分との対話で見つかります。

    心のしくみがカギ

    繰り返してしまう理由は、私たちの心のしくみをひも解くとわかります。
    私たちは、目の前の人や状況、そして自分自身に、自分の内面を映し出しています。
    これを心理学用語で投影と言います。

    投影の正体

    投影の正体は、過去の体験に紐づいた思いです。
    自分が何を投影しているかは、自分に馴染みすぎて自覚できないことがほとんどです。

    投影の根っこは潜在意識にあり、日常の意識が届きにくいからです。

    自分のちょっとダークなパターンが繰り返し起こる原因も、ここにあります。
    ネガティブな精神状態はストレスとなり、人生の質を左右するだけでなく、心身のエネルギーが奪われ健康にも影響します。

    穏やかな心と、体

    不満・怒り・絶望など、ネガティブな感情の嵐にのまれると、長引くほど、あなたの中ではさまざまな消耗が起こります。
    栄養も、体力も気力も、生命エネルギーも。
    そして、あなたの時間も費やされる。

    感情を抑えても、爆発させても、体にとってはストレスです。

    自分の感情をもっと適切に扱うことができれば、私たちは、安心感の中で、軽やかに、自分自身を生きることができます。
    お互いに余計なストレスがなく、ストレスがかかったときでも長引かせずに済みます。

    他者との関わりが軽やかだと、恋愛も家族も仕事もうまくいきます。
    心身の安定は、人生の質を高め、健康にも貢献します。

    何から始めればいい?

    自分との対話を始めて、自分を窮屈にしているものに気づいていきましょう。
    自分の心、体との対話です。

    練習は必要だけど、特別な能力は必要ありません。

    「こうゆうことか」とあなたに笑みがこぼれるのは、体験できたときです。
    そのために、まずははじめの一歩を踏み出してみませんか。
    どんな人もみんな、そこがスタートです。

    体も心も穏やかに人生を送りたいあなたへ

    私が役に立ったことなど記事に書いています

    LINEに登録後「更新情報希望」とお送りください。
    記事の更新時にお知らせをお送りします。

    Contact me

    わからないこと 気になること
     LINEでお応えしています。
    些細なことも、お気軽にどうぞ。