軽やかに生きてゆきたいあなたを
ナビゲーションするメニューの提供と
情報発信をしています

 

なぜか繰り返してしまうパターン

たとえば、「こんな気持ちになったのは初めて!」と運命を感じて一緒になったパートナーでも、どうしても許せない部分や、相手のアラがいろいろ見えてきます。
●相手の言動にイラっとするポイント
●怒鳴ってしまうポイント
●コミュニケーションがこじれるパターン
●口論に発展してしまうパターン
●グサッと傷つくポイント
●体や心がフリーズしてしまうポイント  など。

パートナーや我が子、親との間でとくに起こりやすいですが、すべての人間関係において、あなたの内面では起こっています。
人物や状況を変え、似たようなことがどうしても繰り返えされてしまう。
あなたも、そのことに気づき始めていませんか?

なぜ、イライラや不満がなくならないのか。
どうしたら、不安が消えるのか。
なぜ、変わろうとしてるのに いまだにダメな自分のままなのか。

その答えは、自分との対話で見つかります。

心のしくみがカギ

なぜ繰り返してしまうのかは、私たちの心のしくみをひも解くとわかります。
私たちは、目の前の人や状況、そして自分自身に、自分の内面を映し出しています。
これを心理学用語で投影と言います。

投影の正体

投影の正体は、過去の体験に紐づいた思いです。
その思いは潜在意識に押し込められ、日常の意識では気づきにくいです。

自分の思いを目の前の人や状況、そして自分自身に投影していますが、自分に馴染みすぎていて自覚できないことがほとんど。
変えたいのに変わっていかないパターンが繰り返えされてしまう原因も、ここにあります。

パターンの終わり、そして次のステージへ

パターンをそろそろ終わらせたい方は、自分との対話をはじめましょう。
心のしくみに沿って、絡まった思いや感情をほどき、未完了のものを終わらせることで、パターンも解消されます。
後から後から湧いてくる思考のグルグルを整理するのとはまったく別の、自分との対話です。

今のあなたに必要のない投影やパターンが削ぎ落とされると、軽やかになります。
「軽やかに、自分を生きる」とは、自分の人生をいかようにも舵取りしていけるということ。
これは、肉体だけでなく精神も自立できている状態で、恋愛も家族も仕事も、うまくいきます。

私たち人間は、変化し続ける肉体と精神の両方で成り立ち、また変わることのない本質の存在として「私」を生きています。

できるようになるには?

「私にもできるのかなぁ・・・」自信を持つのは、なかなか難しいです。
私は自己否定が強く、どうしたら自信が持てるようになるのかわからず、自分に困っていました。

必要なのは、自分への好奇心と「感じる」モード。
今の私なら、その頃の自分にそう言ってあげられます。
練習は必要だけど、特殊な能力は何も必要なかった。
自信は、軽やかな自分になるほどに、自然と育っていったからです。

「こうゆうことか」と腑に落ちるのは、あなたが体験できたときです。
そのためにはまず、やると決めて1歩を踏み出す必要がある。

どんな人もみんな、そこがスタートです。

今までのやり方ではうまくいかなかったあなたを
ナビゲーションするメニューの提供と
情報発信をしています。

LINEに登録後「更新情報ほしい」とお送りください。
記事の更新時にお知らせをお送りします。

Contact me

わからないこと 気になること
 LINEでお応えしています。
些細なことも、お気軽にどうぞ。