私のセッションをはじめて受ける方へ

気づきの対話セッション

セッションでは、相談されたいこと・解消されたいことを、はじめにお話しいただきます。
私からは、あなたの中でパターンやクセになっている問題の大元を見つけ、解消していくための問いかけをしていきます。

お悩みを解体して、気づいていない思いを浮上するお手伝いが目的です。
浮上することではじめて、対処ができるようになるからです。

人との関わりや何らかのできごとなどがきっかけで、潜在意識にある思いや感情が浮上してきます。
当然、セッションでの私とのやり取りに、刺激を受けることもあり得ます。

癒しのサインを見逃さないで

一般的な会話では、相手を傷つけないように配慮したり、相手の気持ちを汲んだりするのが良しとされますが、刺激されるべきところが刺激されないので、セッションでこれをすると、本当の手助けになりません。

私の言葉や対応に、心がネガティブに揺るがされることがありましたら、それは「癒やされるのを待っている何かがあるよ」というサインです。
たとえば、私のリアクションが薄いと感じたり、あなたの思いがわかってもらえないと感じたり、ダメ出しされているように感じたり。

そのようなサインらしきものを感じた際は、「大人気ない」とは思わずにお話ください。
勇気のいることかもしれないけれど。
セッションで扱いましょう。

本当の癒やし

ハートから広がる愛の質を持ったエネルギーが、すべてにおいての最善です。
愛の反対側にあるものは、「恐れ」。

私も愛ベースであなたに関わります。
この愛は、愛情とは別もので、無条件の愛とも言われます。

愛は、相手を助けようとしません。
それほどに、相手を信頼しているからです。
助けようとすることは、相手の学びの機会を奪うことでもあります。

本当の癒しは、あなた自身の中でハートにとどまるとき、自ずと起こります。
つまり、誰かの手助けも、過去の何かが癒されるかどうかも、必須ではないのです。

本当の癒やしが起こりやしいように、ナビゲーション&伴走いたします。

ニュートラルなコミュニケーション

もし、私にしてほしいことがあれば、あなたから言ってください。
たとえば、「もっとゆっくり話してください」「綾香さんのお話しを〇〇と受け取りましたが合っていますか?」といったことから、「もっとほめてもらいたい」や「綾香さんの言葉にすごく傷ついたので話を聞いてもらいたい」なども、ぜひ。

「自分の世話を自分でする」ができるようになることが、軽やかに自分を生きる上で重要なことでもあります。
ご自身が思ったり感じたことを、軽やかに表現できるようになるための実践の機会になると思います。

こちらの記事も参考になさってください。