気づきの自己対話のやり方2 対話の深め方

気づきの自己対話のやり方1では、気づきの自己対話をする上で、大前提となることを説明しています。

今回の記事では、自分との対話の深め方の実際について、説明します。

自己対話をするタイミング

気づきの対話はいつやってもよいのですが、下記のようなタイミングは、潜在意識の思いが浮上しやすいので、とくにおすすめです。

●何となく気になることがある、モヤモヤするとき
●他者との関わりで、イヤな思いをしたとき
●具体的な悩みがあるとき
●問題が起きたとき
など。

このようなときには、あなたは何かに刺激されているはずです。
どんなものに刺激されるのかを自分に問いかけて、体の感覚も使いながら探っていきます。

気づきの自己対話の流れ

自己対話する目的について、もう一度整理しておきましょう。

気づきの自己対話の目的は、あなたの言動や振る舞いの背後に、どんな思いや感情があるのかを見つけることです。
自分にベクトルを向けて自分と対話するのは、そのためです。
とくに、あなたが苦しくなっていることに関して、背後にある思いや感情に気づけると、心が自由を得ていき、苦しさをゆるめることがきます。

たとえば、「なぜ私はあの場であんな言動をとったのか」について対話する場合は、「相手が〇〇したから」ではなく、「私の中に〇〇という思いがあったから」となります。
あのような言動をとった原因は、私の中にあった〇〇という思いだったのか、と気づくことが、心の苦しさをゆるめる助けになります。

そして最終的な目的は、あなたが苦しくなっている根っこの思いを見つけ、解放することです。
抑圧していた感情が溢れ出すこともあります。

気づきの自己対話の流れ
1.何について気づきの自己対話を行なうかを明確にする
2.あなたの言動や振る舞いの背後にどんな感情や思いがあるのか、問いかけて潜在意識に向かってたどっていく
3.根っこの思いに気づくと、自分の中でなぜ同じようなことを繰り返していたのか謎が解ける
4.根っこの思いをしっかりと感じることに専念する
5.エネルーワークも取り入れ、苦しくなっていた思いや感情が解放され癒しが起こるのを見守る
6.根っこの思いの苦しさなどを確認する

自己対話の重要なこと

●頭で答えを考えない
自分に問いかけて、答えを見つけるときには、頭(思考)は使いません。
自分のことを観察する視点を自分の中で作って自分を眺め、体の感覚を使って、実際に自分の内面にあるものだけを観察します。
体の感覚を使わずに、分析、想定、説明、釈明などをしていたら、それは思考が答えを作り出している可能性が高いです。

●気づいたものは掴まない
自己対話をしている間、気づいた思いや感情を掴んでしまうと(囚われてしまうと)、自己憐憫や思考の嵐の中に巻き込まれる確率大です。
ひとたび巻き込まれると、潜在意識に向かってたどっていく自己対話は難しくなります。
軌道修正するか、自然と鎮まるのを待ちましょう。

できているかどうかの確かめ方

自己対話では、最終的に心がゆるみます。
甘やかすとは違い、心の苦しさを自由にしていく作業です。

たとえば、本当は今の自分に必要ないのに、今までやっていたことを漫然と今も続けていて、しかも、今の自分はそのことによって実は不自由を感じていた、なんてことに気づくことができれば、それを変える・やめる選択できます。

これが、無意識の信じ込みや思い込みと言われるものです。

信じ込みや思い込みが「変わる・なくなる」ことで、心の自由度が増すというしくみです。
心がゆるむ・ホッとする・軽くなる、といった感覚は、できているかどうかの目安になります。

さらに、たとえば「前の自分とは明らかに違う言動をするようになった」「以前の自分が何に苦しんでいたのか覚えてない」状態になると、根本的に根っこの思いが解消したと言えます。

「わかっているのにできない」過渡期

\相手の言動・振る舞いに、あなたがイラっとしたり、傷ついたりする本当の原因は、相手ではなく、自分の潜在意識にある思いや感情だ/
そう頭ではわかっているのに、できるようにはなっていない自分に苦しくなることがあるかもしれません。

たとえば、相手に対してしなくてもよい攻撃をしてしまう、自己防衛を反射的にしてしまう、といった状態のことです。
とくに、家族、パートナー、子どもとの人間関係で、起こりやすいです。

冷静な自分に戻ってから自己対話をすると、本当の原因に気づけるのに、その場ではそれができない自分に、苦しむ時期のことです。
私の場合は、2年ほど苦しんでました。

頭で理解できることと、実際にできるようになるのはタイムラグがありますね。
このような時期は、「うまくできるようになろう」という思いを手放しながら、わかっているのにできない苦しさを、ゆるめてあげましょう。

自分との対話が怖い・進んで行かないあなたへ

あなたのタイミング・ペースで取り組んでいくのが、あなたのベストです。
私のセッションでは、クライアントさんのペースに合わせて進めるようにしています。

私の体験は、私にしか通用しないものです。
けれど、経験者の言葉がヒントや後押しになることもありますので、私の体験をご紹介します。

私の場合は、自分との対話に慣れないころ、自分にベクトルを向けること自体が怖かったり、面倒に感じたりしました。
何が出てくるのか怖かったし、それに気づいたら自分がどうなってしまうかわからない、自分では受け止めきれないものが出てきてしまったらどうしよう、などと恐怖の波が押し寄せてくるのです。
あなたの場合はどのような思いが湧いていますか?

実際には、気づきの自己対話をしたことで、「ガーン」「まぢか・・・」「あぁ、ショックだよ」と衝撃を受けることはありました。
でも、自分がどうなってしまうか・・・といった心配ごとは、何ひとつ起こりませんでした。

何度か経験を積むと衝撃にも慣れ、問いかけるコツもつかめて、新しい何かに気づくたびに、自分の心がどんどん自由を得ていくので、軽やかさが出てきて、怖さはなくなりました。

さらに続けていき、自分自身の闇に気づくことが結果として歓喜を与えてくれる体験をしてからは、もっと闇に気づきたいと好奇心が出てきたほどです。
自分への理解が深まる喜びと、自分の苦しい思いを解放していける喜び、どちらも味わえるからです。

参考にしていただけたら光栄です。

まだの方は
こちらも読んで理解の助けにしてください

読んでもわからないところは
LINEでお気軽に質問してください

気づきの対話セッションでは
あなたの自己対話をナビゲーション&サポートいたします

自己対話についてのほかの記事はこちらです